Just another WordPress site 一般社団法人 日本整形内科学研究会

一般社団法人 日本整形内科学研究会

【報告】第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 シンポジウム - お知らせ

2019年5月17日~19日に京都で開催された第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 シンポジウムの一つとして「プライマリ・ケアにおける運動器診療ブラッシュアップ:若手総合診療医による”整形内科”の学習・実践」が開催されました。

日本における整形内科の創始者である2名の総合診療医の座長(小林只理事、白石吉彦副会長)の元、へき地・離島の診療所および小・中規模病院などの多様な地で勤務する若手総合診療医が「どうやって整形内科を学び、活用しているか?」を発表後、現場の悩みや課題を会場と議論しました。

指定発言として、当会より、整形外科医の谷掛洋平理事 、銭田良博副会長が参加いたしました。

ご参加いただきました皆様方、大変ありがとうございました。

シンポジウム概要

日時5 月18 日(土) 16:45~18:15 第5 会場 Room D
場所国立京都国際会館
テーマプライマリ・ケアにおける運動器診療ブラッシュアップ:若手総合診療医による”整形内科”学習・実践
オーガナイザー・座長企画責任者:遠藤 健史* (雲南市立病院 内科)
座長:白石 吉彦** (隠岐広域連合立隠岐島前病院)、小林 只** (弘前大学医学部附属病院 総合診療部)
演題発表
  1. 並木宏文** (十勝いけだ地域医療センター)
    「へき地・離島における整形内科の実践と展望〜運動器疼痛ケアを通じて目指す地域ヘルスケア基盤の構築〜」
  2. 黒谷一志* (隠岐広域連合立隠岐島前病院)
    「離島における他職種との連携を通した整形内科診療の学び方」
  3. 遠藤健史* (雲南市立病院 内科)
    「中規模病院の整形内科診療の取り組み」
  4. 多田明良* (国保北山村診療所)
    「へき地診療所における整形内科診療の試み」

<指定発言>

  • 谷掛 洋平** (谷掛整形外科)
  • 銭田 良博** (株式会社 ゼニタ)
  • 古屋 聡*(山梨市立牧丘病院)
  • 白石 裕子*(自治医科大学地域医療学センター)

*一般社団法人 日本整形内科学研究会(JNOS)  会員
** 一般社団法人 日本整形内科学研究会(JNOS)  理事