Just another WordPress site 一般社団法人 日本整形内科学研究会

一般社団法人 日本整形内科学研究会

第124回 日本解剖学会総会・全国学術集会​​​​​​​ メインシンポジウム - お知らせ

第124回 日本解剖学会総会・全国学術集会​​​​​​​ メインシンポジウム - お知らせ

朱鷺ホール2019年3月27日(水)~29日(金)に新潟で開催される第124回 日本解剖学会総会・全国学術集会​​​​​​​ メインシンポジウムの一つとして「Fasciaの基礎(肉眼解剖)から臨床応用まで」が開催されます。

このシンポジウムは朱鷺メッセメインホールBにて3月27日(水) 15時~17時に行われます。

日本解剖学会の全国大会で1000名規模の参加者の中、Fasciaの議論が行われるという時代の節目のイベントとなり、当会からも多くの参加者が出席して活発な意見交換がされる予定です。

是非、皆様の参加をお待ちしてしております。

詳細、申込は以下の日本解剖学会の専用サイトをご確認ください。

シンポジウム概要(予定)

日時 2019年3月27日(水) 15時~17時
場所 朱鷺メッセメインホールB
テーマ Fasciaの基礎(肉眼解剖)から臨床応用まで
オーガナイザー・座長 相澤 信(日本大学医学部機能形態学系生体構造医学分野)
小林 只*(弘前大学医学部附属病院総合診療部)
演題発表
  1. 相澤 信 日本大学医学部  機能形態学系生体構造医学分野教授
    オープニングリマーク・シンポジウムの背景
  2. 今西 宣晶 慶応大学医学部 解剖学教室 准教授
    「解剖学からみたfascia~fasciaの肉眼解剖、組織学的形態の特徴を末梢神経の支配分布~」
  3. 今北 英高* 畿央大学理学療法学科 教授
    「fasciaの解剖生理学的意義」
  4. 木村 裕明* 木村ペインクリニック院長、日本大学医学部機能形態学系生体構造医学分野
    銭田 良博* 株式会社ゼニタ代表取締役、日本大学医学部機能形態学系生体構造医学分野     
    黒沢 理人* トリガーポイント治療院院長、日本大学医学部機能形態学系生体構造医学分野
    「エコーガイド下Fasciaリリースの臨床応用~歴史的経緯と解剖学的検証~」
  5. 洞口 敬* 日本大学医学部 整形外科 准教授
    「整形外科領域から見たfasciaを対象とした評価・治療戦略~スポーツ整形外科の現場における,ファシアハイドロリリースの応用」
  6. 小幡 英章* 福島県立医科大学附属病院痛み緩和医療センター部長
    「ファシアの急性痛・慢性痛への関与と慢性痛治療の問題点」
  7. 小林 只* 弘前大学医学部
    クロージングリマークと総合discussion
    fascia研究における今後の基礎面・臨床面での課題について

*一般社団法人 日本整形内科学研究会(JNOS)  理事