一般社団法人 日本整形内科学研究会

一般社団法人 日本整形内科学研究会

ハイドロリリース (Hydororelease)

解説

ハイドロリリース (Hydororelease,HR)は、Hydro(液体)でRelease(剥離・緩める)する”注射手技”を意味します。

*ハイドロリリース (Hydororelease)という言葉自体には注射の対象部位を示す意味は含まれていないため、対象部位を示す言葉と組み合わせて使用されるます。例えば、ファシア(Fascia)を対象にしたハイドロリリース (Hydororelease)を「ファシアハイドロリリース」と呼びます。末梢神経を対象とすれば「末梢神経ハイドロリリース」、靭帯を対象とすれば「靭帯ハイドロリリース」となります。
*使用される液体は、多様です。一般的な局所麻酔薬を使ったブロック注射と区別するために、生理食塩水など、局所麻酔薬の使用を最小限にした意味として使われる傾向にあります。

ファシア(Fascia)ハイドロリリース

ファシア(Fascia)ハイドロリリースはファシア(Fascia)を対象にしたハイドロリリースの呼称です。

異常なファシアに対して、生理食塩水, 局所麻酔薬等の液体(Hydro)を注射することにより、ファシアの機能回復を狙うものです。

エコーガイド下ハイドロリリース

エコーガイド下ハイドロリリース、エコー画面で対象部位等を確認しながらハイドロリリースを行う手法です。

類似手技との比較|ブロック、ハイドロダイセクション、プロロセラピー

ブロックは、局所麻酔薬を用いて末梢神経の電気の流れを遮断するものです。ハイドロリリースは、末梢神経へ入力される刺激(発痛源)を治療すものであり、目的が異なります。

ハイドロダイセクション(Hydrodissection:HD)は、末梢神経を剥離するために周囲組織(fascia)を切離する手技です。これは、末梢神経ハイドロリリース(HR)に一見似ていますが、ハイドロリリースはfascia自体を治療対象として発展してきた手技であり、コンセプト自体が異なります。また、エコー画像上の手技の特徴も異なります(ミルフィーユサインとドーナツサイン:以下図)

プロロセラピーは、ブドウ糖を用いて、組織損傷と修復を促すことを目的とした手技です。ハイドロリリースは、組織の柔軟性改善等を目的とした手技であり、その目的は対称的です。

ハイドロリリース(HR)とハイドロダイセクション(HD)の手技の基本的な差

関連用語

詳細説明ページ