一般社団法人 日本整形内科学研究会

一般社団法人 日本整形内科学研究会

第10回 JNOS ウェビナー[Web Seminar] (2020年7月18日[土]) - お知らせ

第10回 JNOSウェビナー

第2回 オンラインセミナーおよび研究発表のための資料作成術~著作物の利用検討前に確認すべきステップ:個人情報保護・産業財産権・安全保障貿易管理を中心に~

一般社団法人 日本整形内科学研究会では、2020年7月18日(土) に第10回 JNOSウェビナー[Web Seminar] を開催いたします。今回は、前回につづき「コンプライアンス向上」に関して、テーマは「オンライン研究発表のための資料作成技術」です(参考:第1回 オンラインセミナーおよび研究発表のための資料作成術 第1部~総論、知的財産権としての著作権、著作物の利用方法~ [2020年6月20日(土)]

会員内外からの多くの問い合わせ、事前質問などを頂き感謝申し上げます。これらに適切に対応するためも、全3回シリーズとして本テーマを十分に扱うように予定しています。いずれの回も講義部分はYou tube liveで公開予定でございます。さらなく個別具体的事例や運用に関しては、当会会員限定に別途セミナーを企画しております。

  • 第1回 オンラインセミナーおよび研究発表のための資料作成術 第1部~総論、知的財産権としての著作権、著作物の利用方法~ [2020年6月20日(土)]
  • 第2回オンラインセミナーおよび研究発表のための資料作成術~著作物の利用検討前に確認すべきステップ:個人情報保護・産業財産権・安全保障貿易管理を中心に~[2020年7月18日(土)]
  • 第3回オンラインセミナーおよび研究発表のための資料作成術~著作物のライセンス検索技術、著作物性に応じたリライト技術を中心に~[2020年8月22日(土)]

【抄録】

近年のデジタル化は、違法コピー、盗用・盗作を技術的にも容易にしてきました。そのため著作物・技術・ノウハウの保護に係る国際間の駆け引きが多分野で過熱しています。今回の新型コロナウイルス騒動を契機に、否応なしに「オンライン開催」に移行する学会・研究会、そして個人セミナーが急増しました。オフライン時代では「バレなかった」ために見過ごされてきた諸問題が、オンライン化により表面化してきました。

今回の「第2回オンライン研究発表のための資料作成技術~個人情報保護・産業財産権・安全保障貿易管理を中心に~」では、個人情報保護・産業財産権・安全保障貿易管理、を主に扱います。これら全て刑事罰規定があり「知らなかった」では済まされないことになります。

  1. 個人情報保護:第1回ウェビナーでも一部紹介しましたが、今回は個人識別符号について詳細に解説します。個人情報とは、「当該情報に含まれる…記述等…により特定の個人を識別することができるもの」です。そして、個人を識別できる符号を個人識別符号と言いますが、これには「DNA塩基配列、顔の容貌、虹彩、発声時の声帯の振動等、歩様、静脈、指紋・掌紋(施行令1条1項1号)」なども含まれます。「患者の顔を隠せば問題ない」というわけではありません。患者の声、歩き方、手のひらの画像等はすべて含まれます。そもそも、個人情報保護法は2003年に制定(2005年施行)されました。その後2015年に改正(2017年施行)された改正個人情報保護法により「匿名化」という言葉はなくなり、「匿名加工情報」と名称化され、その法的プロセスを守れば患者の同意を得ずとも個人情報を利用できるようになりました。その1つに「個人識別符号の全部を削除すること」「本人を識別する目的で、匿名加工情報と他情報とを照合すること(例:対応表の存在)」とあります。つまり、症例報告や患者の様子を発表で使用する場合は、「患者の適切な同意」が必須になります。そして、ここでいう「適切な同意」にも国際的なルール(必要項目など)があります。この法律は2020年6月にも改正され、氏名等を削除した「仮名加工情報」という仕組みも創設され、GDPR(EU一般データ保護規則)に近づいてきました。
  2. 産業財産権:今回は、いわゆる企業のロゴやマーク、言葉(用語)などの「商標(標章)」を主に扱います。例えば、Google® mapの利用範囲を確認したことがあるでしょうか? 地図という著作物、そして各種マーク(商標)が含まれており、利用範囲と方法が決まっております。また、各種団体のロゴマーク、文言(フレーズ)、例えば治療手技名に関しても、商標権が存在していることも稀ではありませんので、その利用前にJ-PlatPat®などの検索ホームページで確認する必要があります。今回は、第1回で解説した著作権と商標権を合わせた資料利用のポイントを解説します。
  3. 安全保障貿易管理:海外との情報のやり取りに対して個人も組織も守るべき規則です。この規則は「武器や軍事転用可能な貨物・技術が、我が国及び国際社会の安全性を脅かす国家やテロリスト等、懸念活動を行うおそれのある者に渡ることを防ぐため、先進国を中心とした国際的な枠組み(国際輸出管理レジーム)を作り、国際社会と協調して輸出等を管理(経済産業省HPより)」するものです。例えば、海外出張・学会参加時にパソコン、スマートフォン、測定機器、医療機器等を無許可で持ち出してはならないのです。少し驚きますが、その他にも、国内開催の国際学会、国内開催でも日本人以外が参加される場合、日本人のみのオンライン会合であっても使用するソフトウェアが海外サーバーを使っていた場合、そしてメール・電話のやり取りなど全てを含むルールが、この安全保障貿易管理になります一般企業であれば、この手の書類申請は既に慣れているものですが、医療者の場合、大学や研究所勤務のスタッフ以外には馴染みが薄いかもしれません。しかしながら、オンラインで研究発表やセミナーを開催する上で、海外との情報のやり取りは意識せずとも生じてきます。違反時には、スタッフ自身だけでなく、スタッフを雇用している組織の代表者(例:大学では学長、病院では院長)も処罰の対象となります。不当競争防止法、関税法、なども密接に関連しますが、今回は安全保障貿易管理を最低限実行するための対処・手続きに関して紹介します。

情報の価値が急増する現代において、社会活動をする上の「マナー」とも言える範疇の判断や振舞いの必要性を再認識し、デジタル時代の研究活動、地域活動、なにより人の活動が豊になることを願っています。

当日は、「その資料は使用可能か?のフローチャート(第1回セミナーで掲載済)」と共に解説していきます。

開催の詳細は下記を参照ください。沢山の方のご参加をお待ちしております。


第10回 JNOSウェビナー[Web Seminar]

日時2020年7月18日(土) 20:40-22:30

  • Zoomの参加者へ
    • セミナー開始は21:00になります。
    • 20:40-21:00は全員のの機材調整・使用方法説明の場となります。
    • 20:55以降の参加はできません。かならず20:40~20:55までの間に接続をしてください。 
  • You tube liveの参加者へ
    • URLは以下です。
    • 今回はリアルタイム放映のみです。live終了後の再視聴はできません。
    • セミナーの静止画/動画撮影、録音は禁止です。デジタル署名含め著作物管理処理しています。
    • ウェビナー終了後に一部資料を公開予定ですが、その利用範囲は「表示-非営利-改変禁止 4.0 国際 (CC BY-NC-ND 4.0)」を予定しています。
    • 違反行為は見つけ次第、厳正に対応致します。
テーマ
  • コンプライアンス向上:オンライン研究発表のための資料作成技術~著作物・肖像権・個人情報を中心に(総論)~
必要機材
  • Zoomの参加者へ
    • Windows PC 又は Mac 
    • 使用ソフト:zoom (ご参考)
    • タブレット、スマホでも技術的には参加可能と思われますが、トラブル防止のため今回は非推奨です。
    • 事前にZoomの動作確認をした上でご参加ください。
    • マイク、カメラは原則として必須です
    • 詳細の接続方法等は参加受付後に個別にメールいたします。
  • You tube liveの参加者へ
    • You tubeが視聴できる環境をご自身でご準備ください。
  •  
定員
  • You tube live(人数 無制限):前半の講義部分のみ視聴可能:
  • Zoom(JNOS会員 15名):前半の講義、後半の質疑応答の両方に参加可能
Zoomの参加費用
  • 会員:無料
参加申込開始・締切
  • 開始:2020年6月27日(土)20時頃(予定)
  • 締切:2020年7月15日(水)20時
主催一般社団法人日本整形内科学研究会(Japan Non-surgical Orthopedics Society; JNOS)
Zoomの参加資格
  • 当会会員
タイムスケジュール(予定)
  • 講義60分→You tube liveの配信+Zoom
    • 講師
      • 小林 只 先生 (JNOS 理事, 学術局長, 弘前大学医学部附属病院 総合診療部 学内講師、2級知的財産管理技能士)
    • 座長・司会
      • 今北 英高 先生 (JNOS 理事、畿央大学大学院 健康科学研究科 教授)
  • 参加者によるディスカッション 30分→Zoom参加者のみ
申し込み方法
  • JNOS会員:会員専用コミュニティーサイトからお申込み
参加者 事前チェックシート
  • あなたが最近実施したオンラインの会合(例:セミナー、学会発表、症例検討)を思い出して下さい。もしくは、その時の発表資料をご覧下さい。以下の質問に、自信をもってお答えできない場合は、何らかの違反行為(刑法含む)に抵触している可能性があります。
  • 今回のウェビナーでは「否定的見解」や「不安を煽る」ものではなく、実直に取り組む方々が「正確に理解して、有効活用できるようになる」ための情報をご提供いたしますので、ご安心してご参加くだされば幸いです。
  1. 海外出張で、ノートパソコンやスマートフォンを国外へ持ち出す場合の手続きを知っていますか?
  2. オンライン開催の会合で使用したソフトウェア(例:Zoom®、Google meet®)のサーバー設定が国外の場合、刑法に抵触する可能性があることを知っていますか?
  3. 資料には、個人情報(例:性別、病歴、音声 顔写真、身体的特徴、詳細はこちら)が含まれていせんか? 顔にぼかしが入れて、かつ患者様の同意を得ていますか?
  1. 複数の企業のロゴマーク等(標章)や製品の比較内容などは入っていませんか?
その他
  • 以下に、ご了承の上でお申し込みください。
    • 参加者による、セミナーの静止画/動画撮影、録音は禁止です。
    • セミナーの内容はJNOSにて会員の学習資料として収録され、後日会員フォオーラムに掲載予定です。また、収録動画は編集後に配信・販売される可能性があります。
      • 参加者の方は、お申し込みの際に、承諾書に同意をいただきます。
    • 機材の不具合等により正しく試聴ができない場合などの補償はございません。
    • 必ず前日までに機材の事前準備・確認をしてください。
    • 一台のPCで参加登録された複数の方がセミナーに参加・視聴することは可能ですが、参加登録されていない方は参加・視聴することはできません。
    • 一人の参加者が複数のデバイス(例:windows と Mac)で接続することはできません。
    • 申し込み後に欠席される場合は、必ずキャンセル処理(又は事務局への連絡)をお願いします。無連絡の欠席は今後のイベント申し込み時の承認可否判断に反映されます。
    • 内容は都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
問い合わせ先一般社団法人日本整形内科学研究会 お問い合わせフォーム