一般社団法人 日本整形内科学研究会

一般社団法人 日本整形内科学研究会

【結果報告】2020年度 一般社団法人日本整形内科学研究会(JNOS) 研究支援制度 - お知らせ

 

2020年10月30日 結果報告(JNOS学術局長 小林只)

2020年度の応募案内はこちら。

2020年9月1日に締切り後、学術局によるPeer reviewを経て、以下の方々が受賞しました。今後の研究の発展を心より祈念いたします。

なお、11月28日-29日に開催されるJNOS第3回学術集会・第1回日本ファシア会議で指定演題として、研究経過をご発表頂く予定です。

研究助成金第1類 

採択者(代表者):金村尚彦(埼玉県立大学大学院 保健医療福祉学研究科 教授)
課題名:関節内組織が膝前十字靭帯損傷の治癒メカニズムに及ぼす影響
Title:Influence of intra-articular tissue on the healing mechanism of anterior cruciate knee ligament injuries.
Grant Number: JNOS202001

採択者(代表者):工藤慎太郎(森ノ宮医療大学 インクルーシブ医科学研究所 所長)
課題名:変形性膝関節症モデルラットにおけるFascia由来の可動域制限と低酸素の関係
Title:The effect of hydrorelease in adhesion model and development of a new fascial model
Grant Number: JNOS202002

採択者(代表者):平山和哉(東北文化学園大学 医療福祉学部 助教)
課題名:超音波診断装置を活用した触診実習および成績判定に関する研究
Title:A study about palpation training and judgment of accuracy using ultra sound imaging.
Grant Number: JNOS202003

研究助成金第2類     

採択者(代表者):須田万勢(諏訪中央病院 リウマチ膠原病内科 医師)
課題名:自己修復ポリマーゲル(ウイザードゲル)を使った、エコーガイド下ファシアハイドロリリースの練習用筋骨格パーツモデルの作成
Title:Development of human muskulosleltal parts model for practicing ultrasound-guided fascia hydrorelease using transparent shape memory polymer gel (Wizerd gel)
Grant Number: JNOS202004

採択者(代表者):河合智則(東亜大学 人間科学部スポーツ健康学科 研究生)
課題名:ハムストリング肉離れ既往における組織硬度と振動覚変化に対する評価の検討
Title:Previous hamstring muscle strain injury alters passive tissue stiffness and vibration sense
Grant Number: JNOS202005

採択者(代表者):渡邉久士(株式会社ゼニタ 製品開発研究部医工学研究科長・リハビリテーション部長)
課題名:温熱刺激によるfasciaのエコー画像・fasciaの層別の温度・血流量・血管径の変化
Title:Changing due to thermal stimulation in ultrasonography images of fascia, the layered temperature of fascia, and blood flow and blood vessel diameter
Grant Number: JNOS202006